2018年1月31日水曜日

日本セーラー女子団の北海道仁木町の応援ソング「月見橋」

北海道仁木町の応援ソング「月見橋」をアイドルグループ「日本セーラー女子団」が発表!

日本セーラー女子団の話題です。
北海道の活性化に向け、日本セーラー女子団がTwitter上で道内の自治体を紹介し「一番RT(リツイート)の多い地域の楽曲を制作する」企画をおこなったところ、仁木町がトップになりました。
仁木町は後志総合振興局の北部に位置し果樹栽培が盛んな町として知られています。
完成した「月見橋」には、同町で青春時代を共に過ごし、静かに優しく想いあった老夫婦が登場します。
先に旅立った夫をいまでも愛し、昔を思い返すおばあちゃんのラブストーリーです。
歌詞の中には、同町の特徴である自然豊かな景観や、いまも親しまれているスポットなどが登場。
ずっと聴いていたくなる温かいバラードとなっています。

どんな曲調になっているのか気になったのでさっそく聴いてみました。
ピアノから始まる全体的にゆったりとした非常によい雰囲気の曲です。
歌声もいわゆるアイドルグループのような感じではなく美しくまとまっています。
ですから年配の方でも聴き取りやすいと感じました。
歌詞はラブソングという感じですが、「郵便局」なんていうのが出てきてものすごく身近な感じがしました。
親近感のある歌詞はどんな世代の人にも受け入れられやすいのではないでしょうか。
でも歌詞をよく聞いてみると切ない感じにもなってきますね。
このようにアーティストや芸能人が特定の町を応援する企画って素敵だと思います。
今後もこういう企画を続けて欲しいです。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

0 件のコメント:

コメントを投稿

リンク


サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
ブログ広告ならブログ広告.com

カテゴリー