2018年6月20日水曜日

取扱説明書をAIで自動作成!AIシステム「CAMM」!

取説についての話題です。
IT事業とドキュメント事業、教育事業を手掛けるクーリード株式会社が、AIを活用して取扱説明書(マニュアル)を自動作成し、AIによる意図解析を用いたチャット形式で情報を提供するAIシステム「CAMM」を開発しました。
取扱説明書(マニュアル)の制作コストを低減させ品質を向上させることを目的に研究開発をすすめたそうで、2018年内に提供開始する予定とのことです。


取扱説明書をAIで自動作成する「CAMM」というAIシステムですが、すごいなシステムだなと感じました。
コストカットができ事故などの防止にも繋がるということですから企業にとっては有難いシステムです。
確かに取扱説明書については、分かり難い、情報量が多過ぎる、ユーザーが読まない・・などいろんな問題があると思います。
そういう状況が少しでも改善されると良いですね。
個人的には日本語で書かれているが明らかに外国人が作成したと分かるマニュアルで困った経験があります。
オランダメーカーの液晶モニターに付属していたマニュアルなのですが漢字が日本の物ではなかったのです。
さらにはかなり昔の話ですがアメリカブランドのエレキギターを買った時には取扱説明書自体が付属していないということもありました。
だから初心者の人なら調整の仕方など何も分からなかったと思います。
そんな製品が結構あったと思います。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

0 件のコメント:

コメントを投稿

リンク


サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
ブログ広告ならブログ広告.com

カテゴリー